よく検索されるキーワード :

喫煙が心臓に与える大きな負担

タバコはガンに悪い?それだけのはずがありません!lgf01a201401010700

タバコはがんの不安を招くだけでなく、心臓の大敵でもあります。

タバコを吸うと血管が収縮するため、瞬間的に血圧が上がります。
血圧の上昇は心臓へ負担をかけるだけでなく、繰り返すことで血管に負担をかけ、動脈硬化を促進してしまいます。また、喫煙は狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の発症のきっかけにもなります。心臓病のある人、心臓病が気になる人は、この際きっぱりと禁煙しましょう。