よく検索されるキーワード :

肩幅に広げた両手にタオルを持ちます。
まず、肩の高さまで、前方に出します。

その状態から、上半身を左右に捻るように、タオルを移動させます。
体幹の両側に意識を持ちながら動かしましょう。
目線はそれぞれの方向へしっかり移動させましょう。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

運動は反動をつけて行っては行けません。
また、呼吸を止めないために数を声に出すのも効果的です。