よく検索されるキーワード :

両手を身体の前で組みます。そのまま、前方へ押し出すように腕を前に突き出しましょう。
肩甲骨から背中にかけて、伸張感を感じることが出来ればOKです。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

ストレッチは呼吸を止めずに、ゆっくり深呼吸を行いながら進めましょう。
一つの部位30秒程度時間をかけてストレッチしましょう。