よく検索されるキーワード :

うつ伏せで寝た状態から肘で支えるようにします。
両腕が垂直になるように胸を徐々にそらしましょう。

赤ちゃんが取るような姿勢で「パピーポジション」とも言います。

注意点

痛みが出現した場合は中止してください。
また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。
心配な場合は、必ず医師・担当の療法士、セラピストに相談してから行いましょう。

ストレッチは呼吸を止めずに、ゆっくり深呼吸を行いながら進めましょう。
一つの部位30秒程度時間をかけてストレッチしましょう。