よく検索されるキーワード :

どのような病気か

サルコイド(sarcoid)という名前の一部である sarco はラテン語で「肉」を、また oid は「~のような」を意味しています。
したがってサルコイドーシス(sarcoidosis)とは、「肉のようなものができる病気」という意味で、大小さまざまな 類上皮細胞肉芽腫という「肉の塊のような」組織ができる病気です。
といっても、がんとはまったく違いますし、他人に感染する心配もありません。発症しやすい年齢は男女ともに20代ですが、40代以降は女性に多くみられます。

症状

肺門という肺の中心のリンパ節が両側で腫大(はれて大きくなる)します(80~95%)。

無症状で健康診断時にたまたま発見される例が、全体の半数を占めます。 眼の病気がよく起こり(40~50%)、その多くはぶどう膜炎です。
霧がかかったようにぼやけたり、視野のなかを黒い点が動いたりします。通常は両側性です。重度の視力喪失が起こることがあり注意が必要です。眼症状は女性に多い傾向があります。
皮膚には、赤みを帯びた斑点、湿疹などが出現することがあります(10~20%)。
かゆみや痛みを伴いません。 頸部や 腋の下、 鼠径部のリンパ節が腫れることがあり、これもほとんどの場合は痛みがありません。
心病変(5~10%)は、軽度の心電図異常だけなら心配はありませんが、実際に不整脈を自覚するようになったら注意が必要です。
サルコイドーシスによる死亡の半数以上は心臓に関係するものです。
神経系では、顔面神経麻痺と聴覚神経麻痺、また 脳下垂体という部分に病変ができると、 尿崩症といって大量の尿が連日続くことがあります。
また、肉芽腫によるビタミンD産生の結果、血液中のカルシウム濃度の上昇や、腎結石が起こることがあります。

治療

患者さんの5~10%では、病気が長期間続くことがありますが、70~80%では発病3年以内に収まります。
日本人のデータに基づくエビデンス(治療の根拠)がまとめられており、無症状なら基本的には治療はせずに、病気の経過を見守ります。
ぶどう膜炎には、ステロイド薬の点眼・結膜下注射のほか、 散瞳薬を併用します。
一方、以下の場合にはステロイド薬を中心とした薬物療法を行います。

(1)肺病変が進行して 咳せき・呼吸困難などの症状が強い例
(2)心症状がある
(3)神経症状がある
(4)点眼薬で改善しない活動性眼病変
(5)顔面など美容上問題となる皮膚病変
(6)持続する高カルシウム血症または尿崩症
両側肺門リンパ節の腫脹(はれ)のみの場合は、学業や仕事はそのまま続けてかまいません。
サルコイドーシスだからこうしてはいけない、ということは特にありません。ただし、激しいスポーツなどは避けたほうがよいでしょう。
また精神的、肉体的ストレスのかからない生活をすることが大切です。眼病変のある場合は、長時間のテレビ、テレビゲームは避けましょう。
とくに、ステロイド薬をやめた時は、再発することがあるので、自己判断せず、必ず診察および検査を定期的に受けることが大切です。