よく検索されるキーワード :

コーヒーに含まれているカフェインは、頭痛を抑える働きもあるのですが、飲み過ぎると逆に頭痛を引き起こす場合があります。

コーヒーはふだんから1日に3杯程度に抑え、飲み過ぎないようにしましょう。また、平日に5~6杯以上も飲むのが習慣になっている人が週末にコーヒーを飲まずにいると、逆に頭痛が起こることがあります。
意外と気づきませんが、栄養ドリンク剤にもカフェインが含まれているものが多いので、飲み過ぎには気をつけましょう。

普段の食生活からも頭痛に影響することが多くありますので、気をつけながら頭痛を起こさない環境を作っていきましょう。