よく検索されるキーワード :

実は体にとって必要不可欠な物質

さて、動脈硬化を進める重要な原因としてコレステロールがあげられます。コレステロールは悪者のようにいわれますが、実は体にとって必要不可欠な物質なのです。コレステロールは、

(1)細胞膜を構成する材料になる、血流
(2)ホルモンの材料になる、
(3)胆汁の材料になるなど、重要な働きをしています。

ですから、食事からとり入れた脂肪分を材料にして、肝臓で作り、全身に配っているのです。

ところで、コレステロールというのは脂質ですから、血液という水の中では、水と油で分離してしまいます。そこで、コレステロールなどの脂質はタンパク質のカプセルに詰められて、血液中を運ばれていきます。このカプセルをリポタンパクと言います。

リポタンパクにはいくつかの種類がありますが、肝臓で作られたコレステロールを全身に配達するのがLDL(低比重リポタンパク)であり、余分なコレステロールを回収して、肝臓に持ち帰るのがHDL
(高比重リポタンパク)です。

このLDLを悪玉コレステロールHDLを善玉コレステロールといいます。なぜかというと、LDLが多すぎると全身に配られるコレステロールが余分になり、それが血管壁にたまって動脈硬化を進めるから悪玉なのです。それに対してHDLは、余分なコレステロールを回収してくるので、血管壁にたまるコレステロールが少なくなり、動脈硬化を予防するので、善玉と呼ばれます。健康診断などの血液検査で、たとえ総コレステロールが高めであっても、HDLの値が高ければ心配はいりません。むしろHDLがとくに高いと長寿症候群といわれ、その人たちに長寿者の多いことが明らかにされています。