よく検索されるキーワード :

広がりつつある旅行者血栓症

楽しいはずの海外旅行ケアを怠ると大変なことになります。海外へ、あるいは帰省で、長時間の旅行が多くなる季節です。
それにともなって増えるのが、「旅行者血栓症」です。
この病気はかつて、エコノミークラス症候群ともいわれました。長時間のフライト(飛行)のあと、急に胸が苦しくなり、呼吸困難におちいり、ときには死に至る病気のことです。

旅行者血栓症と呼ばれる

その後エコノミークラスにかぎらず、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客でも起こっていることがわかりました。そればかりか、新幹線の車中や長距離ドライブ時などにも同じ症状がみられることから、現在では旅行者血栓症と呼ばれています。
一般的には高齢者に多いとされていますが、40~50代の中年層にもみられ、ときには10~20代の若者に起こることもあります。また、糖尿病をはじめとした生活習慣病も、リスクとなることがわかってきました。
しかも旅行時だけでなく、旅行後数日して同じ症状を起こすこともあります。それだけに旅行者血栓症は、フライト時のエコノミークラスという狭い範囲を超えて、長時間の旅行時とその前後には、だれもが気をつける必要があります。