よく検索されるキーワード :

ヒトに感染するインフルエンザウイルスには、A型・B型・C型の3つがあり、
現在流行の中心となっているのはA型とB型です。

A型

症状が重篤になる傾向があり、死に至ることもあります。innfuruennza

また感染力が強いため、大流行(パンデミック)を起こしやすく、

過去には香港かぜやスペインかぜなどの世界的な流行で多くの死者を出しました。
2009年に世界中で流行したいわゆる「新型インフルエンザ」は、A型、H1N1亜型というものでした。

B型

A型よりも症状が比較的軽く、限られた地域で流行するケースが見られます。

C型

鼻かぜ程度の軽い症状ですむことが多いウイルスです。