よく検索されるキーワード :


インフルエンザの予防に効果が期待できるのがワクチンの接種
です。ワクチン

流行シーズンを迎える前の11月ごろの接種をおすすめします。インフルエンザワクチンは、13歳未満は原則として、2~4週間の間隔をおいて2回接種します。

13歳~64歳は1回または2回かは医師と相談して決めてください。

 

65歳以上の高齢者や過去にインフルエンザにかかったことがある人なら、1回の予防接種でも十分な免疫力

効果が現われるのはおよそ2週間後からで、その後約5カ月間持続するといわれています。

65歳未満の健常者では70~90%の発病予防効果があり、合併症の併発や高齢者の死亡を減らす効果があることが知られています。

行政もワクチンの接種を推奨しています。65歳以上の高齢者とともに、60~64歳で心臓や呼吸器系、腎臓などの基礎疾患を持つ人をワクチン定期接種の対象と、法令により定めています。市町村による費用補助の対象になっている場合もあります。