よく検索されるキーワード :

生活のリズムを整える

夜ふかしをしたり、朝食を抜いたりすると体本来のリズムが狂い、めまい自律神経のバランスが乱れてめまいが起きやすくなります。食事はできるだけ決まった時間に3食とり、早寝早起きの習慣をつけて十分な睡眠時間をとるようにして、生活のリズムを整えましょう。また、適度な運動は体の血流を促します。ウォーキングなど、無理のない運動を続けましょう。

ストレスを溜めない

心身のストレスによって自律神経のバランスが崩れると、めまいを起こしたりめまいが悪化したりすることがあります。疲れを感じたときは、いつもより早めに眠り、休日に好きなことをしてリフレッシュし、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

アルコール、タバコを控える

一度にアルコールを飲みすぎると、平衡感覚が低下して、めまいを誘発します。適量を守り、めまいがするときは控えましょう。また、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、一酸化炭素は血液中の酸素を奪います。脳や内耳の血行が悪くなったり酸素不足になるとめまいが起きやすくなるので、タバコは控えましょう。

体をゆっくり動かす習慣を身につける

高血圧や低血圧、貧血の人や、日常的にめまいが起こるという人は、日々の動作をなるべくゆっくりと行うように心がけてみましょう。とくに起き上がるときや立ち上がるときはゆっくりと動くように意識し、めまいを予防しましょう。